今すぐ始めたい!androidで使える健康アプリ!

最新の健康情報をまとめたおすすめandroidアプリ【人気&厳選紹介】

入れててよかった!家族を救う、とっさのときの救急系androidアプリ

入れててよかった!家族を救う、とっさのときの救急系androidアプリ

「体調が悪そう」「なんだか苦しそう」そのときあなたはどうしますか。冷静に対応ができるでしょうか。「救急車を呼ぶべきかどうかの判断」「救急車を待っている間にするべきこと」「応急処置の仕方」すべてできますか。救急救命の場は「災害」や「事故」だけではありません。

子どもが高熱を出した、鼻血が止まらない、異物を飲み込んだ、このようなごく一般の家庭でも救命が必要なケースは山ほどあります
もちろんこれらをすべてできるという人は限られているものですが、救急知識を一つでも知っているのと知らないのでは大きな差を生むことにつながります。
とくにこの知識差によって家族の命を左右するということもあるんですよ。

「もしも」の事態に備えたい、今のうちに救急知識を見ておきたい、病院や病気に対する知識がなくて不安、そこで注目してほしいのがandroidスマホの「救急アプリ」です。
手軽に救急知識を自分のandroidスマホで見られるほか、GPS機能や音声機能を使ったわかりやすい救急アプリも多くあります。
今回はその中でもおすすめの二つのアプリをご紹介するので、ぜひご覧になってください。

市の消防局が企画・制作「救命ナビ」

「救命ナビ」は仙台市の消防局が企画・制作した「いざ」「もしも」というときの救急アプリです。

仙台市消防局が提供をしていますが、十分全国で使える仕様になっているのでご安心ください。
ではどのような救急アプリなのか細かく見ていきましょう。
まずandroid端末でアプリをインストールします。
そのあとでアプリを開くとこのような画面がでてきます。

・救命ナビ
・応急手当を学ぶ
・救急受診ガイド
・仙台市内AEDマップとその他のAEDマップ

の4つです。
一見シンプルに見えますがその情報量は多く、これ一つあれば「安心」のandroid救急アプリといえます。
その機能を一つ一つ見てみましょう。

仙台市の消防局が企画・制作した救急アプリ

救命ナビ

最初の画面の一番上に出てくる「救命ナビ」では、救急活動上の「何をすれば良いか」「どのように行えば良いか」を音声とともにナビゲートしてくれます。

さらに「心肺蘇生法」や「119番通報」も一緒に指示してくれるので、とっさの救急活動でもすばやく的確に救命を行うことができます。

「救命ナビ」では音声ととも救急活動をナビゲート

応急手当を学ぶ

救急蘇生法一覧 応急手当も見ることができる

「応急手当を学ぶ」を押すと「救急蘇生法一覧」としてさまざまな救急活動のポイントや応急手当の方法を見ることができます。

各ページには簡潔に方法とポイントがまとめられていて、「動画で詳しく見る」では動画上でマネキンやイラストを使った救命方法の解説が見られます

文字よりも動画で見たい、という方にはこちらがおすすめです。

簡潔に方法とポイントがまとめられている 解説動画が見られる マネキンやイラストを使った救命方法の解説

救急受診ガイド

救急受診ガイドでは「救急車を呼ぶべきかどうか」や出ている症状に対して「どのような対応をすれば良いか」を教えてくれます。

必ず確認する症状を選択 119番通報のボタンが大きく出る

まず「必ず確認する症状」というページが出てきて、いくつかの症状が記載されています。
「赤」という文字とともに各症状に赤い色がついていると思いますが、こちらはすべて緊急性のある状況を指しています。

このページには他にも
・救急車が来るまでに用意しておくもの
・救急車が着いたら伝えること

など教えてくれるので、救急車への受け渡しもスムーズに行えます

救急車が来るまでに用意しておくもの 救急車着いたら伝えること

ほかにも年齢によって現在の症状と照らし合わせて判断をしてくれたり、緊急性がない場合は簡単な対処を教えてくれたり、臨機応変で適切な対応をアプリ自身が判断してくれます

齢によって現在の症状と照らし合わせる 緊急性がない場合は簡単な対処を教えてくれる 細かい判断救命ナビがしてくれる

症状によっては「2時間以内に医療機関に行くことをおすすめしたり」さらには悩んでしまう「どの受診科目になるか」など細かい判断も「救命ナビ」がしてくれます。
一見ただの風邪のように思える子どもの発熱も原因によっては救急の必要がでてくることもありますので、このようにアプリが判断してくれるのは大変ありがたいですね。

仙台市内AEDマップとその他のAEDマップ

AED(エー・イー・ディー)とはいわゆる電気ショックです。
人間は体中に血管を持ち常に細部まで血液を送り続けていますが、そのポンプの役割が「心臓」です。
ポンプが止まり、血液が行き届いていないと呼吸もできなくなり、意識もなくなり、いわゆる「心肺停止」状態に陥ります。
この「心肺停止」の状態から蘇生させる手が「AED」なのです。

2004年、一般市民の使用が許可され、なんと心肺停止からの救命者数が増加。生存率が2倍となったそうです。(日本生活習慣予防協会より)

参考リンク【日本生活習慣病予防協会より】
http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2016/009252.php

今では街中に設置されているAEDですが、万が一のときは探しまわる時間が惜しいですよね。
そこで「AEDマップ」を使うと、GPS機能で近くのAEDを自動的に検出してくれます。
(※検出するAEDは各消防本部と団体が把握しているもののみで、すべてが検出されているわけではありません。)

さらに表示されたAEDマークのピンを押すとその場所のくわしい位置や住所、AEDの精度が載っています。

救命ナビAEDマップ:GPS機能で近くのAEDを自動的に検出 の場所のくわしい位置や住所、AEDの精度が載っている

精度とはそのAEDの情報がどれくらい新しいか、正確かをあらわしています。
登録・更新が2年未満、2年、4年、6年を境に青→黄→赤→灰へと色が変わるようになっていて、たとえば「精度Aの水色ピン」の場合、もっとも新しいまたは適切に管理されている、所在が随時確認されているAEDということになります。
すでにお伝えした通り、AEDは電気ショックです。

電気を使うにはバッテリーを消耗するため適切に管理がされていないものは、万が一のとき使用ができないということもありえます。
そのため、このようなマップを利用し、できるだけ精度の高いAEDを使用するべきということにつながります。

仙台市内の場合は「杜の都ハートエイド」という近隣で救急活動の支援をしてくれるAED設置の事業所もマップで確認できます。

2年未満、2年、4年、6年を境に青→黄→赤→灰へと色が変化 救急活動の支援をしてくれるAED設置の事業所

杜の都ハートエイド」は万が一の際に

・AEDが設置してある
・近隣の応急手当に協力する意思がある
・応急手当の講習を受けた経験者が勤務している

という条件に満たしている事業所です。
上記の事業所は専用のステッカーが目印となっています。
画像:仙台市

仙台市
http://www.city.sendai.jp/kyukyukanri/kurashi/anzen/tobani/joho/sedo.html

講習を受けている方がいると心強いですし、安心しておまかせできますよね。

専用のステッカーが目印

情報量が多いのにシンプル「MySOS」

「MySOS」は色やイラストをつかったデザインで、ぱっと見でもわかりやすいandroid救急アプリです。

Androidのトップ画面はこちらです。おしゃれですよね。
けれどもそれだけではなく、とてもわかりやすいデザインだと思いませんか。

救急のときはどうしても焦るもので、見つけやすさや、ボタンの押しやすさといったアプリ内のデザインもけっこう重要なんです。

MySOSトップ画面:イラストをふんだんに使用したわかりやすいデザイン

機能はこちらになります。

・一次救命処置ガイド
・成人・小児救急ガイド
・応急手当ガイド
・緊急連絡先
・周辺医療施設検索
・健康診断結果
・マイカルテ
・マイ保険

種類は多いですが決してわかりにくいといったことはありません。
主要な機能をくわしく見てみましょう。

一次救命処置ガイド

「一次救命処置ガイド」ではイラストとともに選択式で状況を判断し、救命処置を誘導してくれます。

GPS機能を使えば、周囲の「MySOS」をインストールしているユーザーや登録している緊急連絡先に自動的に救援依頼を行ってくれます。

イラストとともに選択式で状況を判断し、救命処置を誘導 周囲の「MySOS」をインストールしているユーザーや登録している緊急連絡先に自動的に救援依頼を行う

成人・小児救急ガイド

どの程度の症状で救急車を呼ぶべきか。
その判断は迷いますよね。
もしかしたら、このまま待てばよくなるかも…なんて思っていたら取り戻しがつかないことになるかもしれません。

そこで見たいのがこの「成人・小児救急ガイド」です。
こちらは判断に迷う「救急車を呼ぶべきか」症状ごとに「MySOS」が判断してくれるというもの。
最初に今の症状(発熱や咳など)を選ぶページが出てきます。

症状(発熱や咳など)を選ぶ 「ただちに救急車を呼ぶ」の項目

その症状に加えてこの様子の場合は「直ちに救急車を呼ぶ」「救急車を呼ぶ」「数時間内に受診する必要がある」「受診する」と、救急車の有無だけでなく、どのような対応をするべきかも解説してくれます。

たとえば「発熱」だったら「呼吸をしていない」「くちびるが紫色」「呼びかけに反応しない」といった様子が見られたら「ただちに救急車を呼ぶ」必要があるというのがわかります。

救急車を呼ぶ判断が一目でわかるため、病気に詳しくない人も安心できます。

「救急車を呼ぶ」の項目 「数時間内に受診する必要がある」の項目

主要な機能を詳しく見ていただきましたが、もちろん他の機能も便利です。 最後に簡単にご紹介をします。

そのほかの機能

・応急手当ガイド
日本赤十字社が提供している応急手当ガイドが見られます。

日本赤十字社が提供している応急手当ガイド 必要なところに飛ぶことができる

・緊急連絡先
緊急連絡先を登録することができます。
トップページ中央の「救援依頼」や「一次救命処置ガイド」の緊急連絡でも使われます。
つまり救急依頼はもちろん万が一の自分の体調不良時に、アプリを通してワンタッチで周囲に「呼びかけ」をすることができるのです。

・周辺医療施設検索
GPS機能を使い、周辺医療施設やAEDを自動的に探します。
マークを押すと、住所やWEBサイトのURLなど細かいデータが表示されます。

GPS機能を使い、周辺医療施設検出 GPS機能を使い、周辺のAEDを検出 住所やWEBサイトのURLなど細かいデータが表示 正確な住所を表示

・健康診断結果
「MySOS」の会員になれば、クリニックと連携設定することで健康診断の結果やMRIなど医用画像を自分のスマートフォンでいつでも確認することができます。

健康診断の結果やMRIなど医用画像を自分のスマホで確認できる

・マイカルテ
マイカルテでは身体情報をまとめて管理することができます。

・身分情報
・持病
・内服薬
・処方履歴
・通院履歴
・かかりつけ医
・検査結果

このように自身の体調管理を一括でまとめられます。

・マイ保険

マイ保険は「MySOS」会員向けの保険です。

「入れててよかった!家族を救う、とっさのときの救急系androidアプリ」まとめ

いかがでしたか。
今回は「入れててよかった!家族を救う、とっさのときの救急系androidアプリ」というタイトルからとっさに役立つandroidの「救急アプリ」をテーマにお話ししました。
ご紹介した、

・安心の仙台市消防局が企画・製作した「救命ナビ」
・見やすいデザインなどがおすすめの「MySOS」

はどうでしたか。
どちらもいつ私たちの身の回りに起きるかわからないからぜひ備えておきたい、そんなandroidアプリです。

このアプリのおかげで一人の命が救われた、ということは大いにありえますし、それが我が子であったのなら…ますますもって「備えあれば憂いなし」なアプリといえるでしょう。
ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。